ハンドクリームは塗り方で効果が変わる!年齢を隠せ!

多くの女性がハンドクリームは塗っているだけでしょう

多くの女性が手のお手入れにハンドクリームを使用して保温対策をしていますが、ハンドクリームは塗り方次第で効果を各段と上げることが可能です。多くの女性がハンドクリームを塗る場合には普通に手に塗るだけですが、塗るだけでもハンドクリームの効果があることは間違いないでしょう。しかし、せっかくハンドクリームを塗るのなら少しでも効果的な塗り方をしたいものでしょう。

ハンドクリーム本来の特徴を知ろう

ハンドクリームの本来の役割はお肌の保温効果ですが、多くの女性が勘違いしているでしょう。ハンドクリームの本来の役割はお肌を温めることではなく、お肌の保温効果が正解です。お肌が冷たくなっている状態でハンドクリームを塗っても効果は期待できないことになってしまいます。そのため、ハンドクリームを塗る前には手を擦る等の摩擦を与えて少しでも手を温めてからハンドクリームを塗る必要があります。手を摩擦によって温めてからハンドクリームを塗ることで温まった手が冷たくならないようにするのが、ハンドクリームの特徴です。

ハンドクリームでお肌の温度をアップさせる

手を摩擦によって温めたら今度のハンドクリームを塗りますが、ハンドクリームを塗る場合には手にハンドクリームを出してすぐに手に染み込ませるのではなくて、1分から2分程度で良いのでハンドクリームが見える状態で放置しておきます。これによって、ハンドクリームでお肌が包まれているため、お肌の温度が上がります。摩擦によって温まったお肌が更にハンドクリームによって温められるために、高い温度にすることが可能です。その後で手全体にハンドクリームを染み込ませることによって保温効果を各段とアップさせることができます。

品川美容外科の起訴について詳しく