ぷるぷる潤い肌は洗顔とお風呂上がりがポイント!

洗いすぎはNG!潤い肌は保湿が命

赤ちゃんのような、ぷるぷる潤い肌に憧れを持つ女性も多いですよね。季節の変わり目や乾燥しがちな季節は、お肌の調子が悪くなってしまう方も多いといわれています。お肌の潤いを保つために大切なポイントは、ずばり洗顔の仕方と保湿にあります。洗顔は洗う時間を長く取りすぎないということが重要です。特に、にきびやくすみを気にするあまり、長い時間をかけて洗顔をしてしまっている方も少なくありません。長時間の洗顔は、肌に必要な潤いまで奪ってしまう危険性があるので注意が必要です。指と手のひらを使って優しく撫でるように、早い時間で洗顔を終わらせることが、潤い肌への近道になります。また、乾燥が気になるときには、オイルタイプよりもミルクタイプのクレンジングをチョイスすると、肌の潤いを保つサポートをしてくれるでしょう。

お風呂上がりはすぐに化粧水をつける!

肌の潤いを保つために大切なポイントといえば、保湿です。しっかりと効率的な保湿方法を頭に入れるだけで、ぐんと肌の乾燥を起こしにくくなるかもしれません。潤い肌になるために大切なこととして挙げられるのは、お風呂上がりや洗顔後、すぐに化粧水をつけるということです。特にお風呂上がりは、ボディケアやヘアケアに気を取られ、肌のケアが後回しになりがちです。お風呂上がりは肌が乾燥しやすい状態にあり、一秒でも早く保湿することが大切になります。そのため、お風呂上がりにすぐ保湿が行えるよう、化粧水や乳液を脱衣所に持ち込んでおくのも良い方法でしょう。また、手のひらを温めた状態で保湿を行うと、化粧水の肌馴染みや、浸透をサポートしてくれます。

品川美容外科の判例について調べる